かずきです。

 

ツイッターアフィリエイトに対する問い合わせが結構多いので、僕がやめた理由について書いておこうと思います。

 

具体的に当時の僕がどのように稼いでいたのかなども具体的にこの記事で公開していきます。

 

ちなみに、長ったらしい記事なんて読みたくねーよって人に向けて結論から先に言っておくと僕がやめた理由は

 

ツイッターアフィリエイトというビジネスモデルでは時間的な余裕、精神的な余裕、金銭的な余裕が生まれないと判断したからです。

 

そんな余裕いらねーよ、とにかく即金を稼げりゃいーんだよ

 

そんな人はこの記事を読む必要はないと思うので右上の×を押してページを閉じてしまってください。

 

それと、

 

お前本当に稼げてたの?

 

って思う人も多いかと思うので一応証拠というほどでもないですが当時のアフィリエイト報酬の振込履歴を掲載しておきます。

 

Googleの検索エンジンで「ツイッターブレイン」と調べると、僕のブログ記事がいまだに上位表示されている(ブログってやっぱりすごいね)

 

過去の実績自慢はこの辺にして

初めに当時の僕がどのように稼いでいたのか話してていきます。

 

・当時の僕はどのように稼いでいた?

当時、僕がツイッターアフィリエイトでどのように稼いでいたのかというと、

 

ツールを使って稼いでいました。
※ツイフトというツールを使わせてもらっていた(今でも探せばたぶんある)

 

ツールを使ったツイッターアフィリは基本的にはアカウント量産型で、当時100~200個くらいのツイッターアカウントを持っていたと思います。
※たくさんのジャンルのアカウントを量産していた。

 

メインの収益はオプトインアフィリエイトで、一件の成約で1500円~3000円ほどの報酬単価でした。
※オプトインアフィリエイトとは、インターネットで集めたユーザーに対して何かしらの案件を無料登録をしてもらうことで報酬が発生する仕組みのアフィリエイトです。

 

あとは、出会い系アフィリなんかも少しばかりやっていて、ここからも月収10~20万円くらいは稼げていたと記憶しています。(僕のブログを探せば当時の記事が残っているとは思います)

 

ちなみにスマホゲームのダウンロード系の低単価の案件は一切手をつけていなかったと記憶しています。
※低単価になればなるほどアカウント量産が必要になり、費用対効果(リスク対効果も含めて)が悪すぎるからです。

 

では次に、

 

 

・稼げていた僕がツイッターアフィリエイトをやめた理由

 

について書いていきます。

 

→ 連鎖凍結(時間的、精神的な余裕が生まれない)

ツイッターアフィリエイト = 連鎖凍結との戦い

 

と思っておいて間違いないです。

 

特にツールを使ったツイッターアフィリエイトはアカウントの連鎖凍結のリスクが高いです。

 

上述したようにツールを使った稼ぎ方は基本的にはアカウント量産型になるので、一つのアカウントが凍結されてしまうと、何かしらの紐づけで他に運用しているアカウントまで芋づる式につぶされてしまいます。

 

ツイッターはツールへの規制が厳しいサイトですので、「アカバン祭り」と言われていて、他の実践者も含めて連鎖凍結は日常茶飯事でした。

 

ちなみに、連鎖凍結されてしまうと、せっかく育てたアカウントを一瞬にして失うことになります。
※100アカウント以上が一気に凍結させられたこともあります。こればかりはマジで凹みました。(時間帯効果が悪すぎます)

 

凍結が起きると、収益を取り戻すためには0からの再スタートとなり、ツイッターアフィリエイトで収益を維持するためには永遠にこのループを繰り返すことになります。
(完全な肉体労働)

 

当然、収益を維持するために自分自身が作業の歯車の一部になってる以上は時間的な余裕は生まれることはありません。
(作業を外注するとかもありだけど、不安定な市場で外注化となると面倒なことが多すぎるので結局時間的な余裕が生まれない)

 

また、ツイッターアフィリエイトで収益化していく以上は常にアカウント凍結にビクビクしながらやり続けることになるので、ここだけでやり続ける以上は精神的な余裕が生まれることもありません。
(連鎖凍結はいつ起こるかわからないので、アカウントを増やせば増やすほど毎日ビクビクだよ)

 

→ ランニングコストが高い(リスクも高い)

アカウントを量産するとなるとコストも馬鹿になりません。

 

ただでさえ凍結が起きまくるので、アカウントを新規で作り直すたびにお金が外に出ていきます。
※紐づけ対策として1アカウントごとに新規の電話番号やメールアドレス、プロキシなどに契約する必要があった(今は当時とは状況は変わっていると思うが、用意するものは今もあまり変わっていないとは思う)

 

ちなみに、当時の僕はアカウント作成にかかる費用だけで月10万円くらいは使っていたと思います。
(初期投資の10万ではなく、毎月出ていくランニングコストね)

 

ツイッターアフィリエイトがいくら稼ぎやすいといわれても、月10万円のランニングコストを初心者が用意するのはかなりきついと思います。
(ツール代も含めて、ツイッターアフィリエイトで稼げている人はみんな結構な維持費を使っていると思うよ)

 

不安定な市場だからこそ、ランニングコストが高いのは非常にリスキーです。
(アフィリエイト自体はノーリスクだが、ツイッターアフィリエイトにおいては決してノーリスクではない)

 

→ 報酬未払い(金銭的な余裕が生まれない)

これはツイッターアフィリエイトに限らず、アフィリエイトというネットビジネス全般に言えることなのですが紹介報酬の未払いが発生するリスクがあります。

 

ちなみに、他の記事でもアップしていますが僕自身は過去にオプトインアフィリエイトという手法で月100万円以上の見込み収益を没収されたことがあります。

 

報酬未払いの対策としては、信頼できる案件を出してくれるところを見つけるしかないわけですが、荒いやり方でやっている人だと少なからずツイッター側にも迷惑をかけているし、その荒くやっている人に紹介されている(案件を出している)側も被害を被る形になるので未払いが発生しても文句は言えないというのが実情ではあります。

 

ちなみに有名どころのA8ネットなどで出ている案件でも、下手な集客方法をやっていると普通に報酬が確定しないので注意が必要です。
(初心者だと特にで出会い系やアダルト系とか下手にやってしまいがち※ちなみに僕も下手にやっていた笑)

 

この「報酬の未払い問題」 + 「ランニングコストが高い」ことがわかれば、ツイッターアフィリエイトが非常にリスクが高い手法であることが理解できると思います。

 

要は高いランニングコストが報酬の未払い問題で返ってこないリスクがあるということです。

 

つまり、ツイッターアフィリエイトを続けていく以上は常に

 

連鎖凍結の心配(精神的な不安) + 報酬が支払われるかどうかの心配(金銭的な不安) 

 

が付きまとうということです。

 

 

→ 知識、スキルが積もらない

上述しているように、ツイッターアフィリエイトは連鎖凍結との戦いです。

 

連鎖凍結でツイッターの規制と戦っていても、「ツイッターの規制対策の知識」は増えるけど、いつまでたってもビジネスの本質的な知識・スキルは向上しません。
(ツイッターアフィリの専門家になりたいなら別)

 

僕自身も本腰を入れてやってた身なので、少なからずツイッターアフィリエイトの経験が今に活きているというのはあるのですが、ここでやり続けてもネットビジネスで今後も長期的に収益化していくための本質的な知識・スキルは積もっていかないのでネットビジネスの事業全体として効率よく前に進んでいきたい人は長く続けることはオススメできません。
(ツイッターアフィリだけやっている人と、事業全体として前に進んでいく人とでは年数を重ねるごとに知識・スキル・年収の差が大きく二極化していくよ)

 

 

→ 法律的な問題

ここもやめた理由の一つではあります。

僕自身は法律家ではないので詳しくはわからないのですが、ツイッターアフィリエイトを実践している人の大半が他人の著作物を無断利用している形になります。
(例えばyoutubeでアップされているテレビの映像をそのままbotアカウントに組み込んだり、アニメとかのアカウントもそう、そのアカウントをツールで複製する行為も同じ)

 

ツイッターアフィリエイトでガンガン収益を出していくとなると、あきらかに個人使用の域を超えてくると思うので、やりすぎると危険かなと判断しました。

 

また、法律的な観点からいうと

 

アカウント量産行為(特に他人のアカウントの複製) = ツイッター社の嫌がる行為をしているのは確か
※同じツイートをするアカウントが増えまくるとツイッター自体の質が落ち、客離れが起きる。

 

と考えられるので、(僕もやっていた身として)あまり強くは言えないですが、派手にやりすぎると何かしらの法律に触れる可能性はゼロではないと思っています。
※メルカリなどでは実際にアカウント不正利用で逮捕者も出た。

 

ただ、こういった法律的な問題を挙げだしたらツイッターアフィリエイトに限らずどのビジネスでも言えることで(キリがない)、気にしてばかりいても個人がネットビジネスで稼ぐ術が縮小されてしまうので「荒いやり方はほどほどにやる」というのが僕の中の一つの答えではあります。

 

・ツイッターアフィリエイトは今でも稼げる?

この記事を書いているのが2021年12月ですが、ツイッターアフィリエイトは今もちゃんと環境を用意してやれば稼げると思います。

 

ただ、上述したようにツイッターアフィリエイトだけ続けていても精神的な余裕、時間的な余裕、金銭的な余裕が生まれることはありませんので

 

今だけ単発的に稼げればいいと思っている人や物販で言うメルカリ転売などと同じように「初心者の入り口」として実践していく人は良いと思いますが、

 

長期的な視点でネットビジネスを考えている人は、ツイッターアフィリエイトだけ実践していても自分が地図のどこを進んでいるのか迷子になってしまうのでゴールや方向性なども含めて先を見据えて効率よく進んでいくことを強く推奨します。

 

 

・ツイッターアフィリエイト実践者へのアドバイス

最後に、ツイッターアフィリエイト実践者の方へ当時稼げていた僕の経験からアドバイスすると、

 

なるべくツールを使わずに少ないアカウントで稼げるようになる

 

ことがベストだと思っています。

 

ツイッターアフィリエイトで大きく収益化できている人の大半が何かしらの自動ツールを使用していると思いますが、上述しているようにツールは基本的にツイッター社が嫌がる荒いやり方なのでアカウントの連鎖凍結から逃れるのは今後も難しいと思います。
(一時的には逃れられても、仕様変更がスグに追い付いてきます。)

 

ちなみに僕がやっていたころは1アカウントでも大きく収益を出せていて、2年以上前のアカウントですが今でもそのアカウントは普通に生きています。
(しかも著作物を使わずにやっていました)

 

ただ、これを普通の人がやるとなるとハードルは高いと思いますし、当時のやり方は非効率なので僕自身も今は絶対にやりません。

 

もちろん、ツイッター自体をブログなどの集客媒体として普通に活用するのは全然アリだと思うので(今は使っていませんが)今後は僕自身も再度ツイッターを使用していく可能性はあります。
※その時はまたツイッターに関して記事を書いていこうかと思います。

 

ツイッターアフィリエイトも含めてですが、

 

今まではネットインフラが整っていなかったので詐欺やグレーな手法で素人でも簡単に収益化できた時代でしたが、今後は価値提供を考えたしっかりとしたビジネスをやる人だけが生き残っていく時代になります。

 

ツイッターアフィリエイトもツイッター社からよく思われていないビジネスである以上(もちろん例外もある)は、実践者の方は早い段階から次のステップに進んでいかないと今後はネットビジネスで生き残っていけません。

※下記の記事も参考にしてください

【初心者の方へ】4年経験してわかったネットビジネスで遠回りしないための進め方