どうも、ヤフオク無在庫転売のかずきです。

 

最近、

 

無在庫転売をやっていてアマゾンの箱のままお客さんの元へ発送してもクレームになりませんか?

 

そんな質問をよくされます。

 

結論から言うと、対策さえしていればアマゾンの箱のまま届けても問題ありません。

 

じゃあ具体的にどんな対策をすればいいのか?

 

この記事では、無在庫転売でアマゾンから直送する場合の注意点と対策について具体的に解説します。

 

※この記事の内容は動画でも見れます。

 

 

・アマゾンから直送するメリット

 

アマゾンから直送するメリットは3つあります。

 

①送料の軽減

アマゾンから直送することによって送料が軽減されます。

 

通常の転売の場合は商品を一度自宅に仕入れてから発送となるので、順序で言うと

 

アマゾン(送料) ⇒ 自宅(送料) ⇒ お客さん

 

となるので、自宅からお客さんの元に発送するための送料が乗っかってきます。

 

しかし、アマゾンから直送になると

 

アマゾン(送料) ⇒ お客さん

 

となるので、自宅からのお客さんに発送するための送料が0になります。

 

送料が0になる分、1商品当たりの単価を下げることができるので、結果的に商品が売れやすくなります。

 

逆に、自宅に一度仕入れてしまうと、お客さんの元へ発送する際の送料を上乗せした金額で出品しなければいけなくなるので商品が売れにくくなります。

 

➁梱包や商品管理などの手間がはぶける

通常の転売の場合は、商品を一度仕入れなければいけないので、商品の管理(不良品の有無など)をおこなわなければいけません。

 

当然、商品が購入されたら商品を梱包して、運送会社へ届けに行く必要もあります。

 

商品を一度仕入れるということは常に場所に縛られることになります。

 

しかし、アマゾンから直送する場合は商品の管理、梱包、発送までの工程を全てアマゾンに任せられるので、自分がやることはパソコンでお客さんの住所を入力して買い付けするだけで事足りてしまいます。

 

つまり、直送の場合はパソコン一台あればどこにいても作業をおこなうことができるということです。

 

③商品が届くまでの時間短縮

①でも解説しましたが、商品を一度仕入れてしまうと

 

アマゾン(送料) ⇒ 自宅(送料) ⇒ お客さん

 

となるので、アマゾンからお客さんの元に直送する場合と比較して、自宅を経由しなければいけないので商品がお客さんの元に届くまでの時間が長くなります。

 

直送の場合はAmazonプライムを使用すれば次の日に商品を届けることができますが、仕事がある人が大半だと思うので、一度仕入れをしてしまうとなかなかスグに発送することはできないでしょう。

 

時間が長くなればなるほど、お客さんの不安や不満も大きくなるので、メッセージのやりとりなどのお客さん対応の時間も増えます。

 

また、メッセージなどの対応をしっかりおこなっていないとクレームにもつながってきます。

 

 

・そもそもヤフオクではアマゾンの箱で届けるのは禁止なのか?

 

ここで、この疑問が浮かんでくる方もいるかと思いますが、

 

結論から言うと、ヤフオクはアマゾンの箱で届けること自体は禁止にしていません。

 

ヤフオクが禁止にしているのはアマゾンの商品を無在庫で出品していることであって、アマゾンの箱で届けることは問題にしていません。

 

これはどういう意味なのかというと、

 

アマゾンの倉庫を借りている人がヤフオクに出品している場合があります。

 

アマゾンでは、FBAというサービスがあり、FBAを利用するとアマゾンの倉庫を借りてそこに在庫を保管することができます。

 

同時に、FBAから発送する商品は全てアマゾンの箱で届くことになります。

 

ヤフオクでは、このFBA(アマゾンの倉庫)からの出品はしっかりと在庫を持っていると判断しているので禁止にしていません。

 

ただ、無在庫だろうがFBAの倉庫から出品していようが結果的に両方ともアマゾンの商品をアマゾンの箱で届けることになります。

 

なので、ヤフオクからすると出品者1人1人が無在庫なのか倉庫から送っているのかどうかを判断するのは非常に困難になります。

 

つまり、ヤフオクでは無在庫転売はルール上はアウトだけど、無在庫かどうかを判断できないので実質無在庫転売が可能になっているということです。

 

このことによって、お客さんから

 

「アマゾンの箱で届いたんだけど」

 

とクレームが入ったとしても、

 

「倉庫を借りているだけで、ヤフオクのルール上もOKなんですよ」

 

と言い訳ができます。

 

 

・クレームを防ぐ3つの対策

 

①アマゾンの倉庫を借りていると説明する

先ほども説明したように、ヤフオクではアマゾンの倉庫から発送すること自体は禁止していません。

 

なので、例えアマゾンの箱で届いたとお客さんからクレームが入ったとしても

 

「アマゾンの倉庫を借りているんですよ」

 

と言い訳ができます。

 

また、

 

「ヤフオクのルール上も、アマゾンの倉庫から商品を発送することは禁止にしていません」

 

と付け加えることで、クレームをおさえる効果は増します。

 

そして、今後同様のクレームがあった場合は一度作ったテンプレートを使いまわしてコピペだけで対応しましょう。

 

そうすることで、時間短縮にもなりますし、精神的にも楽です。

 

 

➁ギフト設定をする

アマゾンでは、普通に商品を購入してしまうと納品書が入ってきてしまいます。

 

この納品書には、アマゾンの価格(仕入れ価格)が印字されているので、お客さんからするとヤフオクで購入した金額よりも安い金額が表示されることになります。

 

しかも、アマゾンの箱で届いている事も重なって

 

「アマゾンの商品を高い値段で買わされた!」

 

となり、クレームにつながっていくわけです。

 

このパターンを防ぐためには納品書を同封しない設定が必要があります。

 

アマゾンではギフト設定というものをすることで、納品書を同封しないように設定することができます。

 

やり方は、

 

1.アマゾンの購入画面の「確認」ページまで移行

2.「ギフト設定」をクリック

3.「納品書に金額を表示しない」にチェックをつける

 

これで購入するだけでOKです。

 

③メッセージの返信が遅い・対応が悪い

アマゾンの箱うんぬんというより、お客さんからクレームが入るパターンとして一番多いのが返信スピードや対応に関してです。

 

お客さんは、こちらの返信が遅ければ遅いほど不安・不満となり、クレームを言ってくる人が増えます。

 

また、こちらの返信スピードが遅いかつ対応がそっけなかったりすると、クレームはさらにめんどうなところにまで発展してしまいます。

 

返信は放置すればするほど面倒なクレームにつながり、結果的に一番時間がかかってしまうので、最低限一日1回は返すようにしましょう。

 

逆にここを毎回しっかりと対応していればクレームの大半は防げます。

 

また、返信は回数を重ねていくにつれてパターンが決まってくるので、ほとんどの場合をコピペで時間をかけずに対応できるようになります。

 

 

・それでもアマゾンの箱で届けるのが不安なあなたへ

 

ここまで、アマゾンの箱で届けることによるクレーム対策を解説しましたが、アマゾンの箱で届けるのがそれでも不安な方もいるかと思います。

 

そんな方のために、アマゾンの箱で届けないで稼ぐ3つの方法について解説します。

 

①一度仕入れてから発送する

一つ目のパターンが購入された商品を一度自宅に届けて、アマゾンの箱じゃないものに入れ替えてから発送するパターンです。

 

これなら、

 

「アマゾンの箱で届いたんだけど」

 

といったクレームは防げます。

 

もちろん、ヤフオクで利益が確定してからアマゾンでの仕入れとなるのでリスクはないですが、自宅からの送料と梱包にかかる費用を上乗せして出品することになるので直送よりも商品は売れにくくなります。

 

梱包や発送には時間がかかるし、利益も減るしで余りメリットがないのでオススメしないですが、どうしてもクレームが嫌な人はやってみてもいいかなと思います。

 

➁有在庫転売にする

2つ目が有在庫転売に切り替えるパターンです。

 

商品をしっかりと仕入れて、在庫が家にある状態で行えば無在庫を疑われる心配はなくなります。

 

無在庫転売の一番のリスクは(無在庫を疑われることによる)アカウント停止なので、しっかりと在庫を持ってクリーンにやっていればアカウント停止が起きることはほとんどありません。

 

ただ、有在庫転売は先に仕入れた商品が売れなかったら不良在庫となり、赤字になってしまうリスクがあります。

 

また、有在庫転売はリサーチや仕入れに時間がかるので、即金性が低いといった面でも初心者にオススメはできません。

 

③アマゾン以外の商品を取り扱う

アマゾンの箱で届けるのに抵抗があるなら、アマゾン以外の商品を取り扱うことがベストでしょう。

 

無在庫転売は、世にある全ての商品を無制限に出品して利益を出せるわけですから、アマゾンだけに固執する必要はありません。

 

楽天、メルカリ、ラクマ、その他ネットショップなど、ネット上にはたくさんの販売サイトがあるわけですから、どこのサイトを使っても無在庫転売は可能です。

 

 

・まとめ

 

「アマゾンの箱で届いたんだけど」のクレームは、しっかりと言い訳を用意して対応していれば全く問題ありません。

 

また、アマゾン無在庫転売において、クレームのパターンはだいたい決まっているので一度対応してテンプレートにしてとっておけば、その後同様のクレームが入ったとしてもコピペだけで対応できるようになります。

 

コピペで対応できれば、クレームが来ても精神的な負担はほとんどありません。

 

これがリアルビジネスのように、相手が目の前にいてがみがみ言われたらストレスも半端ないですが、ネットビジネスは目の前にお客さんがいるわけでもなく、文章だけで対応できるわけですからクレームを不安に思う必要はないです。

 

また、アマゾンの箱で届けるのに抵抗が強い人はアマゾン以外の商品を無在庫転売すればいいだけの話です。

 

無在庫転売はアマゾンの商品だろうが、メルカリの商品だろうが、楽天の商品だろうが、どこの媒体の商品でも自由に出品して利益を出せるわけですからあなたが販売しやすい媒体を見つけてみるといいでしょう。

 

 

・期間限定!ヤフオク無在庫の極秘ノウハウを無料公開中

 

現在、期間限定で稼いでいる人しか知らないヤフオク無在庫転売の極秘ノウハウを無料公開しています。

 

詳しくは、下記の画像をクリックしてください。