かずきです。

 

今日の記事では、baseで月収100万円を目指すための戦略について話していきます。

 

baseで稼ぐための基礎から月収100万円を稼ぐための道筋を話していますので、これからbaseを始める初心者の方であれば絶対に見ておいたほうが良いです。

 

僕自身ネットビジネスはかれこれ4年以上続けていますが、ネットビジネスで月収100万円を稼ぐためのルート(戦略)は何通りもありますので、あなたに合いそうな戦略を見つけてみてください。

 

 

・baseで売れるお店の定義

まずはbaseで売れるお店の定義を話しておきます。

 

ここを抑えておかないと、いつまでたってもbaseで売れないショップのままで終わってしまいますのでしっかりと理解しておく必要があります。

 

baseで売れるお店の定義は大まかに以下の2つです。

 

 

①お客さんが多いところを狙う(トレンドを狙う)

1つ目が「お客さんが多いところを狙う」やり方です。

 

いつでもお客さんを多く集められるのはトレンド(流行の)商品です。

 

例えば「今流行の服だけを集めたショップ」であれば、それだけでも売れるお店作りができます。

 

 

②ライバルが少ないところを狙う(ニッチを狙う)

2つ目が「ライバルが少ないところを狙う」やり方です。

 

ライバルが少ない = ニッチを狙う

 

とも言い換えられますが、

 

例えば「でかい服だけを集めたお店」「○○系ファッションだけを集めたお店」「10代をターゲットにしたお店」「親子でお揃いの服だけを集めたお店」「ショルダーバッグに特化したお店」など

 

ターゲットを絞ることでライバルと差別化ができ、狭い市場で独り勝ちできるというやり方です。

 

 

・トレンドを狙うメリット、デメリット

トレンドを狙うメリットは短期的に大きな売上を出すことがでいるといった点です。

 

トレンド商品であれば、タイムリーにお客さんの数が多いので即金性も高くなります。

 

例えば、タピオカが流行っていた時期にお店を出せば儲かりますよね。それと同じです。

 

反対に、トレンドを狙うデメリットはタイムリーでしか稼げないということです。

流行は移り変わっていくものなので、短期的に売上が出ても、今後も長期的に同じ商品だけが売れ続けるということはありません。

 

あとはライバルの数も当然多いので、トレンドを狙う場合は常に流行を追い続けなければ売上の維持ができません。(稼げても忙しい)

 

 

・ニッチを狙うメリット、デメリット

次に、ニッチを狙うメリットはどうでしょうか。

 

ニッチとはライバルが少ないところを狙うということなので、インターネットの広い需要の中で1人勝ちできる可能性があるということです。

 

また、ライバルが少ないということは集客もしやすいので、収益も安定しやすいです。

 

反対に、ニッチを狙うデメリットは頭で考える部分が多いといった点です。

 

トレンドの場合は、今流行の商品をライバルからパクって出していけば基本的には稼げますが、ニッチを狙うとなれば当然お店のコンセプト(お店の売りは何か、ライバルと差別化できるポイントはどこか)なども考えてから構築していかなければ売れるお店にはなりません。

 

 

 

・baseで月収100万円を稼ぐための3つの戦略

では、上記の売れるお店の定義を理解した上で、baseで100万円を稼ぐための戦略を考えていきます。

 

もちろん、細分化すれば何通りも戦略を立てることはできますが、ここでは大まかに3つの戦略に絞って解説します。

 

 

①トレンドなら1店舗でも月収100万円を十分狙える

トレンド商品を集めたお店であれば爆発力があるので、1店舗(1アカウント)でも十分月収100万円を目指せると思います。

 

ただ、デメリットの部分でも話していますが、トレンド商品を扱う場合は利益の維持も大変ですので、忙しくてもいいから大きく稼ぎたいという人には向いている戦略になります。

 

 

②ニッチの場合は複数店舗から売上を出したほうが安定する

ニッチの場合はヒットすれば1人勝ちできる可能性があるので、長期的に安定を生みやすいです。baseはアカウントをいくらでも量産できるので、

 

月収10万円を安定的に稼げるお店 × 10店舗(10アカウント) = 月収100万円

 

こんなイメージで構築できれば、かなり収益も安定していくと思います。

 

 

③教える側に回る

トレンドを狙うでもニッチを狙うでも同じことが言えますが、baseで月収10万円を稼ぐのは初心者でもそこまで難しくないです。

 

ただ、月収100万円を稼ぐとなると単純に費やす時間も労力も10倍になるので、1人で進めている方だと利益を維持するのが大変です。

 

なので月収10万円を稼げた段階で、教える側に進むという選択肢を考えても良いと思います。

 

 

 

・まずは月収10万円を目指そう

baseでまずは月収10万円でも稼げれば、色んな方向に進める選択肢ができます。

 

base以外でもなんでも言えることですが、ゼロの状態から始める時が一番大変です。

 

ただ、最初さえクリアしてしまえば、一度身に着けた知識は一生消えないので月収10万円の知識があれば、そこから同じやり方でbaseで収益を伸ばしていっても良いですし、教える側に立って収益を伸ばしていくこともできます。

 

戦略のところでも話しましたが、月収10万円を稼ぐのは初心者からはじめてもそこまでハードルが高くないですので、まずは月収10万円を目先の目標として達成できれば月収100万円までの道筋がハッキリ見えてきます。

 

 

 

・base無在庫の無料ノウハウをプレゼント中

 

下記の7日チャレンジ(無料ノウハウ)では、これからbase無在庫を実践する人が7日間で基礎知識を学び、最短で収益化まで持っていくためのノウハウを伝えています。

 

僕自身が実際に稼いでいるbaseショップの成功事例を含めて包み隠さず公開していますので、これからbase無在庫を実践したい方は受け取っておいて損はないと思います。

 

詳細は下記を参考にしてください。