どうも、かずきです。

 

無在庫転売で稼げる媒体の1つとしてアマゾンがありますが、

 

今現在、アマゾン無在庫転売は稼げるのかどうか。

 

そんな疑問を持たれている方がこの記事にたどり着いたのではないでしょうか。

 

無在庫転売は在庫を持たずに行えるリスクのない転売手法ですが、一番最初に選択する媒体によって稼げるかどうかを大きく左右することになるので慎重に検討されているあなたは非常に賢明な方だと思います。

 

実際に、稼げない媒体で無在庫転売を行ってしまうと、この先いくら頑張っても稼ぐことができません。

 

なので、

 

この記事では、2019年9月現在、

 

アマゾン無在庫を始めるのは絶対にやめておいたほうがいい理由

 

 

2019年9月以降、あなたが無在庫転売で稼ぐためにはどうずればいいのか

 

具体的に解説します。

 

※この記事の内容は動画でも見れます

 

 

・アマゾン無在庫転売とは

 

アマゾン無在庫転売とは、手元にない商品をAmazonに並べて利益を得る仕組みのリスクのない転売手法です。

 

通常の転売の場合は、商品を先に仕入れなければいけないので売れ残った商品は不良在庫となり赤字になります。

 

しかし、無在庫転売の場合は商品の仕入れは商品の利益が確定した後になるので後出しじゃんけんと同じ原理でリスクなく稼ぐことが可能です。

 

 

・アマゾンでは無在庫転売は禁止されている?

 

2019年現在、アマゾンでの無在庫転売は

 

「別のオンライン小売業者から商品を購入し、その小売業者から購入者に直接出荷すること。」

 

と記されているので、禁止されています。

 

ただ、無在庫転売はアマゾン以外でもルール上は基本的に禁止されていますが、各媒体の運営が出品者1人1人に対して無在庫販売かどうかを確かめることは実質不可能なのでうまくルールをかいくぐって稼ぐことができます。

 

しかし、運営に見つかった場合や無在庫が原因でお客さんとのトラブルが起きた場合などは、最悪アカウント停止になってしまうリスクがあります。

 

アカウント停止になってしまうと、商品の出品が出来なくなってしまうので、実質廃業という形になります。

 

なので、無在庫転売においてアカウント停止をいかに防ぐかが稼ぎ続けるカギとなります。

 

 

・なぜ、アマゾンは無在庫転売を禁止するのか?

 

Amazonに限らず、なぜ各媒体は無在庫転売を禁止するのでしょうか。

 

それは、無在庫転売が横行することによって客離れが起きてしまう危険性があるからです。

 

これはどういうことかというと、1つ例で挙げると、2年前にメルカリは大掛かりなアカウント規制をしました。

 

当時のメルカリは、アマゾンの商品を無在庫で出品して利益を得る方法が流行っており、多くの無在庫転売ヤーがメルカリに溢れてました。

 

無在庫転売ヤーが増えれば増えるほど、メルカリにはアマゾンの商品がたくさん並び、一時期メルカリ上はアマゾンの商品で溢れかえりました。

 

お客さんからすると、同じアマゾンの商品ばかり横一列に並んでいたらうざいだけですよね。

 

今後、そこで買い物なんて使用と思わないですよね。

 

つまり、無在庫転売が横行するとお店が汚され、客離れが起きてしまうわけです。

 

なので、それを危惧したメルカリは大掛かりなアカウント規制を入れて無在庫転売ヤーを一斉に排除したということです。

 

 

・無在庫転売を黙認している媒体もある

 

表向きのルール上は無在庫転売をアウトにしているが、規模が大きい媒体だと自分たちが無在庫転売の取引からから得られる手数料も大きいので、無在庫転売を黙認している媒体があるのも事実です。

 

実際に、ヤフオクでは無在庫転売はルール上はアウトですが、ヤフオク自身がその無在庫転売から得られえる手数料が大きいので無在庫転売を行うことができます。

 

 

・アマゾンは無在庫転売を排除したがっている?

 

じゃあ、アマゾンは無在庫転売を黙認しているのかどうかというと、それは微妙なところです。

 

もちろん、アマゾンもヤフオクと同様に無在庫転売ヤーのおかげで手数料を儲けていることは事実です。

 

ただ、後述しますが、アマゾンはお客さんの評価を最優先に考える媒体です。

 

なので、手元にない商品を出品することになる無在庫転売は、

 

・商品が届かない(在庫切れ)

 

・商品の発送が遅い(仕入れに時間がかかる)

 

・不良品がお客さんの元に届く可能性がある(手元に商品がないので不良品かどうかを確認できない)

 

上記のようなデメリットがあり、お客さんの評価を最優先に考えるアマゾンからすると(無在庫転売ヤーは)消したい存在でもあります。

 

 

・アマゾンは無在庫転売で長期的に稼ぐことは難しい

 

上述したように、アマゾンはお客さんの評価を最優先に考える媒体です。

 

アマゾンは購入した商品に対するお客さんの評価が5段階に別れていて、Amazonにいるお客さん自身も他の媒体に比べて商品を厳しく評価をしてきます。

 

無在庫は手元に商品がないので、発送が遅かったり不良品を扱ってしまうことも多いです。

 

アマゾンのように評価基準が厳しいと、無在庫転売を続ければ続けるほどお店の評価が低くなっていくということなので、商品がどんどん売れなくなっていきます。

 

また、評価が低くなればなるほど、アカウント(お店)自体の信用もなくなるので、アマゾンからアカウント停止の処分を受ける可能性も高まります。

 

なので、長期的に考えて、アマゾンで無在庫転売稼ぎ続けるのは難しいといえます。

 

 

・無在庫転売と相性が良い媒体は?

 

じゃあ、無在庫転売と相性が良い媒体はどこなのか。

 

2019年現在、無在庫転売は「ヤフオク一強」だと僕自身は考えています。

 

理由としては、まずヤフオクはAmazonほど評価に厳しい媒体ではありません。

 

お客さんからの商品に対する評価基準もアマゾンが5段階評価なのに対して、ヤフオクは

 

「非常にいい」「ふつう」「非常に悪い」

 

の極端な3段階評価しかありません。

 

なので、無在庫転売で在庫がなくて商品を届けられなかったり、発送が遅かったり、不良品が届いてしまったりしたとしても、「非常に悪い」がつくことは100人中1人くらいです。

 

ヤフオクのお客さんはアカウントの信用を%で見ている人が大半なので、

 

100人中1人が「非常に悪い」の評価をしても、そのアカウントの評価の割合は

 

「非常にいい」が99%

「非常に悪い」が1%

 

になるので、問題なく商品は購入されていきます。

 

また、お客さん自身もAmazonほど評価に厳しくありません。

 

なので、長期的に考えてもアマゾンよりもヤフオクで無在庫転売を行ったほうが安定的に稼ぎ続けることができます。

 

また、それ以外もヤフオクで無在庫転売を行うメリットがあります。

 

 

・ヤフオク無在庫転売を始めるメリット

 

①アカウントは量産可能

 

ヤフオクは実質アカウントを無制限に作成できます。

 

無在庫転売は、アカウント停止になってしまったら商品が出品出来ないので、実質廃業を意味します。

 

なので、無在庫転売ではこのアカウント停止をいかに防ぐかが稼ぎ続けるカギとなるのですが、アカウント自体を作り放題なら特に問題ありません。

 

 

➁即金性が高い

 

ヤフオクはお客さんが多いので、即金性が非常に高いです。

 

無在庫転売は、世の中にある全ての商品を無制限に並べて、そこから自由に利益を得ることができるので、お客さんが多ければ多いほど商品は売れていきます。

 

③ライバルが少ない

 

ヤフオク無在庫転売は現状、ライバルが非常に少ないです。

 

なぜライバルが少ないのかというと、ヤフオクでは今年の1月にルール変更があり、ツールを使用しての出品ができなくなりました。

 

そのことにより、今まで稼げていた多くの無在庫転売ヤーが一気に利益を失い、ヤフオクから撤退していきました。

 

ただ、そのことにより、現在ではノウハウを持っている一部の人間だけが利益を独占している状態です。

 

ルール変更により、出品者が減ってもヤフオクにいるお客さん自体は減っていないので、

 

ライバルが少ないのにお客さんが多い

 

まさにブルーオーシャンの市場になっています。

 

 

④色んな売り方ができる

 

ヤフオクはオークションサイトなので、値段が吊り上がって利益がどんどん上昇していく場合があります。

 

 Amazonやメルカリはオークションではないので、商品は一定額でしか販売できません。

 

 なので、Amazonやメルカリで商品が売れても利益が期待値を上回ることはありません。

 

 しかし、ヤフオクの場合はオークション形式なので入札が増えれば増えるほど利益も増大していきます。

 

 もちろん、ヤフオクでもAmazonやメルカリと同じように一定額で商品を販売することもできますし、逆に商品を1円からスタートさせることもできます。

 

 1円からスタートすると、オークションが盛り上がりやすいので、大きな利益が出ることも多いです。

 

 

⑤仕組み次第では資金が0の状態でも稼ぐことができる

 

ヤフオクの仕組み上、現在資金が0の状態の人でも利益を得られる方法もあります。

 

通常、無在庫転売は商品を仕入れるためには自らのお金で購入しなければ成り立ちませんが、その商品の購入代金をお客さんが支払ったお金から捻出することが可能です。

 

 

・ヤフオク無在庫転売は個人で月収100万円も難しくない

 

上述しましたが、無在庫転売は世の中にあるすべての商品を無制限に出品して、そこから自由に利益を得ることができます。

 

無在庫転売は単純に

 

出品数 = 利益

 

に直結していきますので、商品を出せば出すほど利益が上がっていきます。

 

これが、有在庫転売の場合は先に商品をしれなければいけないので、売れる商品のリサーチを入念に行わなければ赤字になってしまいます。

 

しかし、無在庫転売の場合は手元にない商品を出品できるわけですから、難しいリサーチなど、特に頭を使わなくても出品だけしていれば勝手に利益が上がっていきます。

 

また、無在庫転売で商品を1個販売するのも、10個販売するのも、100個販売するのもやり方は変わりません。

 

なので、無在庫転売で1個でも商品を販売して利益を出せるようになれば、1万円稼ぐのも、10万円稼ぐのも、100万円稼ぐのもやる作業は変わらないということになります。

 

ちなみに、無在庫転売で1個利益を出すことは小学生でもできる作業です。

 

 

・ヤフオク無在庫転売はライバルが少ないので、今が一番稼ぎやすい

 

先ほどもお伝えしたように、ヤフオクは今年の1月にルール変更が起き、今まで無在庫転売で稼いでいた人たちが一気に撤退していきました。

 

しかし、そのことで現在では僕を含めた一部の人間だけでヤフオク無在庫転売の市場を独占している状態です。

 

また、このルール変更により、ネット検索で「ヤフオク 無在庫転売」と検索すると、検索の上位にあがってくる記事でも

 

ヤフオク無在庫はオワコン

 

ヤフオクはもう稼げない

 

といった記事が乱立しています。

 

その人たちの記事のおかげで、ヤフオク無在庫転売に参入してくる人も減り、ライバルが増えないということなので、稼いでいる僕自身としては非常にありがたいことです。

 

また、この記事を最後まで読まれているあなたも、僕と同じやり方でヤフオク無在庫転売に参入すればライバルが少ない市場で利益を独占できるわけですから成果が出ていないのであれば今すぐ始めるべきです。

 

 

・ヤフオク無在庫転売の始め方

 

ヤフオク無在庫転売の始め方は下記の記事を参考にしてください。

https://wp.me/s9KHrr-houhou

 

 

・ヤフオク無在庫転売の本物のノウハウを手に入れませんか?

無在庫転売をやっている以上はアカウント停止はつきものであり、仮に今使えているノウハウも明日にはスグに通用しなくなってしまうかもしれません。

 

規制が強まった時に、もろいノウハウしか知らないで稼いでいる人は無在庫市場を撤退せざるを得なくなります。

 

今稼げていても、明日スグに稼げなくなってしまうような脆弱なノウハウで実践していても安定はしません。

 

逆に言えば、規制に負けない本物のノウハウを知っていれば、今後ヤフオクの規制が強まったときに、ほかのライバルたちがヤフオク無在庫転売から撤退していく中で、その利益を独占的に稼げるようになります。

 

僕の無在庫コミュニティでは、あなたがヤフオク無在庫転売で今後安定的に稼ぎ続けるための本物のノウハウを教えています。

 

無在庫コミュニティの詳細は下記からお願いします。

 

>>ヤフオク無在庫の本物のノウハウを手に入れる<<